値動きとは

貴方が、ポジションを持った瞬間に

思った方向とは、逆に動く。

そんなこと、数えきれないぐらい。

それもそうです。

 

相場というものは、

貴方が稼ぐためにあるのではなく、

貴方から資金を奪うためにある。

こう考えるべきです。

 

繰り返しになりますが、

日経225やFXの値動きというものは、

意図的に形成されています。

 

即ち、ランダムウォークではなく

世間大衆から、資金を略奪するために

相場を支配している側の都合の良いように動いているのです。

 

そして、その裏には「基準となる数値(プライス)」の存在がします。

その基準となる数値を基点にし、上下しているだけです。

その基点は、日々変わり、その日その日の分岐点にもなりえます。

 

鋭い方はお気づきかもしれませんが、日々変わるというところも重要です。

仮に日々変わらなかった場合、世間で持て囃されている、

理屈や相場観が、常に有効となってくるはずです。

 

しかし、実際はそうではありません。

高値ブレイクだと思って買ってみたものの、直後に下落開始。

 

そんなはずはないと、しつこくホールドしたものの、結局はロスカット。

そんな経験もおありかと思います。

 

ただ、常に外れるわけではなく、稀に当たるので、

信用してしまう方も一定数は存在するのでしょうね。

 

しかし、それも罠。

敵に手を差し伸べて、

油断したところに、とどめを刺しにくいく

といった感じでしょうか。

 

誰も気づかない箇所にその日の基点があり、

その先には上回ったり・下回ったりするべきではない、

強力な抵抗線や支持線が存在する。

 

すべきではないと言うと誤解されがちなので、補足すると、

そこを上下どちらかに振れると、急騰・急落する可能性が、

確定に近い状況まで整ったということです。

 

相場は日々、ポイントをテストしながら動いています。

私のブログでそう書いた記事もありました。

 

そのポイントが、その日の基点や、上で述べている強力な抵抗線や支持線です。

なので、強力な抵抗線を超える根拠が時点でストロングバイ。

逆も然り。

 

オシレーターが示すエントリーポイントや値・システムトレードなどは

一時的には通用しても、継続的には機能しません。

 

何か、不思議なことを語っているようにも見えますが、値動きとは、

「相場の支配層が意図的に形成しており、そこには基準(基点)があるということ」です。

PAGE TOP