シンメトリー理論

シンメトリーという言葉はご存知でしょうか?

調べていただくと、

シンメトリー=左右対称と検索結果が出るかもしれませんが・・・

私の云う、シンメトリーは左右対称ではありません。

上下対象です。

常々、相場というものは

レンジで動いており、そのレンジの基準となる値(プライス)が

存在すると申し上げておりますが・・・

レンジブレイク=シンメトリー崩壊となり、トレンド発生です。

この人、何言ってんだ? と思われるかもしれないので、

図解のとおり、昨日2/15のザラ場は

21010円(黒太線)を中心としたレンジで

寄り付いたものの、

即座に売られ・・・

20910円を中心としたレンジに突入しました。

20910円のレンジの下限値は20880円。

前回の予想記事で20880から売ってくる動きが出るかどうか?

と、書いた理由はその為です。

20810円を中心としたレンジに突入するには、

20810円を中心としたレンジの上限値である

20840を明確に下回ってくることです。

(これで、シンメトリー崩壊確定)

何が言いたいかと申しますと、

21010円のレンジで寄り付いた(このレンジが基準)

一段下のレンジは20910円を中心としたレンジ。

本来、レンジというものは、21010円を基準に

1段上の21110円を中心としたレンジと

1段下の20910円を中心としたレンジで

値動き(ボラ)が収まるべきなのですが・・・

(上下1:1の比率)

それを崩壊してしまうと、一方的な相場になるということです。

※ポイントは、図解内でも記載しているとおり・・・

あるものが、超えるか・または下回るかです。

これは、受講生さまにしか公開していませんので、悪しからず。

シンメトリー・・・

信じるか信じないかは貴方次第!

という、某テレビ番組の宣伝文句のような表現に

なりますが、シンメトリー・・・

実際、常に機能します。

シンメトリー崩壊しなければ・・・

ボラなしの往って来い。または、

下げたor上げたところ付近で方向性がなくなり

グダグダしてるだけ。

崩壊すれば、

ただ上げるだけor下げるだけの、一方的な相場。

どこまで上げ下げするかは、ここでは書けませんが、

ターゲットは決まっています。

そして、そのターゲットまで、超えてしまうと

暴落・暴騰レベルの相場になる可能性が高くなったということです。

なかなかわかりずらいかもしれませんが、

相場というのは、常に其れです。

これ以上は申し上げられないですが・・・

シンメトリーの重要性を語っている方は、

殆どいない(気づいていない)ため、解説させていただきました。

 

PAGE TOP